プロフィール

鈴木 まもる

MAMORU SUZUKI


鈴木 まもる















すずき まもる


1952年 東京生まれ。東京藝術大学美術学部工芸科中退。
1986年より下田市在住。
画家・絵本作家・鳥の巣研究家。
絵本・童話の挿絵など児童図書の絵を主に描いている。


●主な絵本の仕事

「すすめ きゅうじょたい」「せんろはつづく」「まえむきよこむきうしろむき」(金の星社)「だんろのまえで」(教育画劇)「あかちゃんたいそう」「みんなあかちゃんだった」(小峰書店)「ピンポンバス」「ツバメのたび」(偕成社)「いのちのふね」「つかまえた!」(講談社)など。

1995年
「黒ねこサンゴロウ」シリーズで赤い鳥さし絵賞受賞。
2006年
「ぼくの鳥の巣絵日記」で講談社出版文化賞絵本賞受賞。
2015年
「ニワシドリのひみつ」産経児童出版文化賞受賞。



●鳥の巣の主な展示


1998年、99年、2001年、02年

「鳥の巣展覧会&原画展」(ギャラリー高野/東京・新宿)

2002年

「NESTS」(ギャラリーAnnex/ニューヨーク)

2003年

大阪市立自然史博物館、横浜ランドマークタワー等で展示

2004年

「鳥の巣展覧会&原画展」(大分アートプラザ)

2005年

「世界の鳥の巣と原画展」(調布市文化会館/東京)

2006年

「実物とイラストで見る鳥の巣の造形美」

(東京武蔵野市立吉祥寺美術館)

「世界の鳥の巣と原画展」(静岡グランシップ)

2007年

「鳥たちの世界」展(群馬自然史博物館)

2008年

「世界の鳥の巣と原画展」(東京上野動物園)

2009年

「鳥の巣と絵本原画展」(ギャラリー櫟/東京・渋谷)

2012年

坂出市民美術館など各地で展示



●鳥の巣を扱った著書

「鳥の巣の本」「世界の鳥の巣の本」「ぼくの鳥の巣コレクション」 「ニワシドリのひみつ」(岩崎書店)、「ぼくの鳥の巣絵日記」「鳥の巣いろいろ」「ふしぎな鳥の巣」「鳥の巣ものがたり」「ツバメのたび」「日本の鳥の巣図鑑、全259」(偕成社)、アメリカにて「世界の鳥の巣の本」英語版出版、「世界655種 鳥と卵と巣の大図鑑」(ブックマン社)、「ニワシドリのひみつ」(岩崎書店)、「生きものたちのつくる巣 109」(エクスナレッジ)