プロフィール

鈴木 敬子

KEIKO SUZUKI


鈴木 敬子











すずき けいこ

1949年

神奈川県鎌倉市生まれ

1969年

東京藝術大学美術学部工芸科入学

1971年

染色を専攻する

蠟染の第一人者、暮田延美教授に師事

1973年

東京藝術大学を卒業、同大学院に進学

女性工芸グループ「環」に参加、出品(日本橋三越工芸サロン)

以後、約25年間出品

1974年

新匠工芸会展に蠟染きもの「北の原」を出品 奨励賞受賞

(2005年まで所属。以後、無所属)

横浜シルク博物館展出品(全国着物振興会会長賞受賞)

1975年

東京藝術大学大学院美術研究科染色専攻を修了

研究生として ’76年まで在籍

金属造形家の鈴木丘氏と結婚

1977年

新匠工芸会展に蠟染きもの「春の舞」を出品

新匠賞受賞

1979年

鈴木丘氏が文化庁芸術家在外研修員に選任され

ドイツ、ハンブルクにて研修

同行し、ヨーロッパ10ヵ国を回り、美術研修する

1980年

帰国後、伊豆の国市にアトリエを構える

1998年

「春二の会」に参加、出品(池袋西武アートフォーラム)

以後、2009年まで出品

2008年

個展(ギャラリー潮風/浜松)

鈴木丘個展に染色屏風「松」「波」を展示(沼津・御用邸)


現在、伊豆の国市在住