プロフィール

坂本 雅子

彫 刻









坂本 雅子
Masako Sakamoto

1950年 静岡県三島市生まれ
1973年 静岡大学卒業、卒業制作(石膏像)「ポーズする女」県展芸術祭賞受賞
      東海大学短期大学部奉職
1975年 国画会展初出品
1982年 国画会展野島賞受賞
1983年 国画会展安田火災美術財団奨励賞受賞・文化庁主催現代美術選抜展出品
1984年 ブロンズ群像「ひととき」静岡市に設置
1990年 東海大学総合研究機構の派遣により
~91年 イタリア国立ローマ美術学校彫刻科モレ教室在籍
1992年 ブロンズ像「旅立ち」静岡市清水区さつき通りに設置
1993年 ブロンズ母子像「だんらん」静岡県男女共同参画センター6階、
      テラコッタ「トルソ」静岡県立韮山高等学校学生ホールに設置
1996年 ブロンズ母子像「ふれあい」静岡医療センター付属看護学校に設置
1998年 静岡市芸術文化奨励賞受賞
1999年 ブロンズ母子像「ふるさと」北海道岩見沢市に設置
2000年 竹中直人主演監督作品「連弾」に作品8点収録
2001年 ブロンズ像「慈愛」静岡市医師会に設置
2003年 ブロンズ像「由比正雪公之像」菩提樹院(静岡市)に設置
2004年 国画会彫刻部会員推挙
2007年 国立新美術館が開館、国画会の開催会場となる
      会員になったこと、新美術館になったことを機会に
      現在の技法の作品の出品をはじめる
現在、日本美術家連盟・国画会会員
静岡県女流美術協会・静岡市美術家協会理事
東海大学短期大学部児童教育学科教授