プロフィール

谷川 晃一

画 家

谷川 晃一 Tanikawa Kouichi
1938年 東京・日本橋生まれ
1963年 読売アンデパンダン展に出品
1964年 「記号の増殖」シリーズで最初の個展(内科画廊/東京)・・・・・・・30代の頃から絵画制作と並行して美術批評など文筆活動も開始
1988年 東京から伊豆高原に転居
1990年 池田20世紀美術館で回顧的な個展
1992年 ニューメキシコ州サンタフェで作品発表
1993年 「伊豆高原アートフェスティバル」を企画開催。以後、継続
1994年 伊丹市立美術館でデッサンによる回顧的な個展
1996年 個展「1000点のデッサン」展(ギャラリー池田美術/東京、ギャラリー新居/大阪)
1997年 個展(日本平美術館/静岡、ギャラリー新居/東京)
1998年、1999年、2000年 個展(ギャラリー新居/東京・大阪)
2000年 絵本『ウラパン・オコサ』で日本絵本賞受賞
      『谷川晃一の自由デッサン塾』放映(NHK教育テレビ)
2002年 個展「パステル画展」(bunkamuraギャラリー/東京)
2004年 個展「海のクレヨン」(ギャラリー新居/東京)
2005年 田島征三・谷川晃一・宮迫千鶴三人展(練馬区立美術館)

著書作品紹介

●美術評論集・評論集
『視線はいつもB級センス』(現代企画室・1981)、『今日の美術とサブカルチャー』(国文社・1984)、『毒曜日のギャラリー』(リブロポート・1985)、『がらくた桃源郷』(勁草書房・1988)、『戦後風景と美術』(風媒社・1995)、『絵はだれでも描ける』(NHK出版・2003)、『草色のギャラリー』(みすず書房・2010)など多数
●絵本
『かずあそびウラパン・オコサ』(童心社・1999、2000年に日本絵本賞受賞)、『うたがきこえる』(光村教育図書・1999)、『へんしーん』(偕成社・2000)、『青い星』(ビリケン出版・2003)、『おんどりボルケ』(福音館・2003) 、『クロウのともだち』(福音館・2004)、『ふわふわもくもく』(福音館・2004)、『お月さまにげた』(毎日新聞社・2005)、『バスがきました』(毎日新聞社・2008)、『ニャンニャンカーニバル』(ジャパンアート・2009)など
●画文集
『パステルと月』(日貿出版社・1999)、『デッサン・ノート』(NHK出版・2002)、『伊豆高原のアトリエにて』(ジャパンアート・2007)など
●詩画集
『ベランダの月』(ネット武蔵野・2003)