HOME
  • >
  • 開催中の展覧会情報

次回開催の展覧会情報次回開催の展覧会情報
開催スケジュール開催スケジュール
ワークショップ情報ワークショップ情報

開催中の展覧会情報

種子と流木より(16-C5) 60×60㎝/パネルに土、種、流木、顔料

種子と流木より(16-C5) 60×60㎝
パネルに土、種、流木、顔料

松井 貞文 展
松井 貞文

 

 

 洗練された色彩感覚で、存在感のある情景を描いている松井貞文さんの作品。今回の作品の素材となっているのは、自然の中で出会った、一粒の種、一片の流木、一個の小さな石です。背景は、土を塗り重ねたり、和紙に彩色したものなど、様々な質感を生かして創り上げています。
 「幼い時から絵を描くことが好きでした。社会人になっても現代美術が好きで、様々な創作を続けていました。友人の勧めで作品を発表する機会を得て、銀座で個展を開催することができました。初めは、クレパスを用いて描いていましたが、和紙に染料を含ませて、ダイナミックな描写を試みた時代もありました」
 生まれ育った都会を離れて、長野県に移住。都会暮らしの頃には考えなかったという、自然の中での生活。初めて自然と触れ合い自然の厳しさを知ります。その後、南伊豆、小淵沢、茨城県筑波山麓などに居を構えます。その間、「循環」をテーマとし国内外での個展、グループ展を開催していましたが、2011年の東日本大震災をきっかけに自然の力の大きさに呆然となり、今までのような作品が作れなくなりました。「今まで、いかに人間中心だったかを思い知った」と語ります。その時に、かつて住んでいた南伊豆で採取した何気ない存在の木片、小さな石、種などの存在に心を奪われるのでした。海岸に打ち寄せられた小さなものを大切にしていた松井さん。今、それらが作品を輝かせています。また、創作の傍ら、畑を耕し、草を刈る日々を送っています。

(文/寺坂厚子)

 

流木より(14-C2) 54×80㎝/パネルに土、流木、顔料

流木より(14-C2) 54×80㎝
パネルに土、流木、顔料


 
沈黙の中に、深いものが息づいているのでは。なにげないもの、見捨てられているものの中に、まぶしいほどに輝くものがあるのでは。単純なもの、ちいさなものの中に無限に豊かなものが眠っているのでは。松井貞文
石より(13-LC1) 60×90㎝/パネルに土、石、顔料

石より(13-LC1) 60×90㎝
パネルに土、石、顔料


 
石と流木より(17-SC1) 46×61㎝/パネルに土、石、流木、顔料

石と流木より(17-SC1) 46×61㎝
パネルに土、石、流木、顔料


 

次回開催の展覧会情報

"of virgin forest"series ドクツルタケ

"of virgin forest"series ドクツルタケ

鈴木 安一郎 展
鈴木 安一郎

 

 
encounters(タマゴタケ)

encounters(タマゴタケ)


 学生時代から平面作品を専門としてアーティスト活動をしている鈴木安一郎さん。ドローイングや写真などの作品を国内外で発表。幅広い活動の中で、その時代に合った表現方法で自分の世界を展開しています。今回は、近年取り組んでいるきのこの写真展を開催します。
 鈴木さんときのこの出会いは、住居のある御殿場から富士山麓のキノコ採取に出掛けたことに始まります。天然のきのこに興味を持ち、採取しながら資料として撮影しているときに、その姿の美しさに惹かれ、写真作品として撮影するようになったそうです。シリーズ作品”of virgin forest”はフィールドでの姿とは別の魅力を伝える気品漂う姿、造形的な仕事に携わる者として、図鑑的ではない、きのこの表情に魅せられたそうです。「静岡木の子の会」会員でもあり、新聞の連載や書籍にまとめるなど活躍しています。自然に息づくきのこの造形的な美しさをカメラのレンズを通して表現した作品をお楽しみください。

(文/寺坂厚子)

 

キノコは、色彩やフォルム そしてディテールも美しく、
自然造形美の面白さを凝縮している。
 
encounters(オニナラタケの群生)

encounters(オニナラタケの群生)


 
"of virgin forest"series ヒトヨタケ

"of virgin forest"series ヒトヨタケ

"of virgin forest"series ムラサキフウセンタケ

"of virgin forest"series ムラサキフウセンタケ