HOME
  • >
  • 開催中の展覧会情報

次回開催の展覧会情報次回開催の展覧会情報
開催スケジュール開催スケジュール
ワークショップ情報ワークショップ情報

開催中の展覧会情報

ビアンブニュ S130 2017年 油彩

ビアンブニュ S130 2017年 油彩

横井山 泰 展
横井山 泰

 

 
港町ブルース F150 2000年 油彩

港町ブルース F150 2000年 油彩

よもやま 80×80×80㎝×3 2014年 アクリル・木

よもやま 80×80×80㎝×3 2014年 アクリル・木

穏やかな日常を作品に込めて
 さんしんギャラリー善では二回目となる、画家・横井山泰さんの作品展を開催します。作品に登場する人、動物、鳥などは、表情豊かで観る人の心が和みます。作品にはそれぞれコメントが添えられており、より親しみやすく楽しめます。
 現代社会では、様々な方法で自身の意見をアピールする方法がありますが、横井山さんの作品はその先駆けともいえます。作者の観た情景の奥にあるストーリーを油彩やアクリルなどの手法で表現しているのです。今回出品する作品のひとつ「港町ブルース」(上)には何処とも知れぬ港町と、たくさんの人々が描かれています。画業は変遷し、次第に背景をあいまいにしていく手法になり、「ビアンブニュ」(パンフレットの表紙)のような作品が誕生しました。しかし、一見、単純に観える背景の底には、人や動物などが塗り込められており、物語が潜んでいます。片隅には横井山さんが隠れているかもしれません。
 また、横井山さんは様々な表現方法も提案しています。「よもやま」(左)は大きなキューブを三段重ねています。それぞれを回すことで違う絵になる参加型の試みです。お面は鑑賞者が被って画面の前に立つことで「絵の中に入る」ための表現として人気があります。

(文/寺坂厚子)
 
お面(モカ) 25×25×18㎝ 2018年※着用して撮影可能です。

お面(モカ) 25×25×18㎝ 2018年
※着用して撮影可能です。


 

次回開催の展覧会情報

鈴木 竜一朗
鈴木 竜一朗 展
鈴木 竜一朗

撮影/Hiromi Osada

 

 
鈴木 竜一朗

無意識が求める情景

 「近年、各地を訪れて様々な人や場所を撮影してきました。それらを改めて見返した際に、撮影中には意図していない《共通した情景》をとらえているように感じました」と語る、写真家鈴木竜一朗さんの作品展を開催します。

 作品の撮影には、ピールアパートタイプ(引き剥がし式)のポラロイドカメラを用いています。それは、かつて、プロのカメラマンが撮影状態を現場で確認するために使用していたもので、その画像自体に価値が見出されることはありませんでした。このフィルムは、デジタルの発展により生産も減少し、現在ではとても貴重なフィルムになりました。鈴木さんが使用するのはフィルムの通常は破棄する部分です。それを特殊な技法でネガに変化させ、プリントするという手法で作品を生み出しています。いくつもの段階を経て、オリジナル作品が完成します。現在のデジタル画像を見慣れた方には絵画的な印象を受けるかもしれません。この技法ならではの優しい味わいを会場でご覧ください。

(文/寺坂厚子)