次回開催の展覧会情報次回開催の展覧会情報
開催スケジュール開催スケジュール
ワークショップ情報ワークショップ情報

過去開催の展覧会情報 2012

根来ヘギ目重箱

根来漆展

大藏 達雄

Okura Tatsuo

■開催日:2012年12月1日(土)~25日(火)
■時  間:10:00~18 : 00(最終日は17: 00)
■休館日:木曜日
■入場料:無料


作家来場予定日:
1日(土)・8日(土)・15日(土)・
22日(土)・25日(月)

プロフィールはこちら LinkIcon
根来瓶子


私の仕事の特徴は、
原木の加工から漆塗りまでの一貫制作にあると思います。
幼少より家業の木地作りを見てきましたが、
その時に感じた成形される木の美しさや面白みを活かしたいと、
日々漆器作りに励んでいます。
木地師と塗り師が分業する漆工芸界では、
私はやや異色かもしれませんが、
時には木の形と遊べる自由さが肌に合うようです。


日本では書道から派生して、
視覚的な文化表現を『真、行、草』と区分し見立てます。
漆工芸は、多くが真の仕事のようです。
気づけば私は草の方へと歩んできたようですが、
今までにない漆器を作り出すのは興味深く、
より遠くを目指したくなる旅です。


陶磁器で草の仕事といえば、六古窯のような土ものや、
志野・織部のような近世の焼き物でしょう。
例えば、備前焼や美濃焼など相性が良さそうです。
さらに、現代の陶芸作品にも、草を感じさせるものがあります。
様々な焼き物と漆器の取り合わせなど、
楽しんでいただければ幸いです。
(文/大藏達雄)

根来塗(ねごろぬり)

日本の塗装技法の一種です。平安時代末から、紀伊国(現、和歌山県)の根来寺で什器を中心に漆の器物が作られましたが、使い込み朱漆の表面がこすれ下地の黒漆が見える様が味わい深く、そこから解釈が広がり、そのような表情のある漆器を総称して「根来塗」と呼ぶようになりました。現代の根来塗りは、朱漆から下地を研ぎ出しその上に漆を塗り重ねています。


杉山 明博展

Akihiro Sugiyama

造形家
杉山 明博

■開催日: 2012年11月2日(金)~25日(日)
■時  間: 10:00~18 : 00(最終日は17: 00)
■休館日: 木曜日
■入場料: 無料

作家来場予定日: 毎週土・日・月曜日 ※24日(土)を除く

触の引出し箱シリーズ
心うごかす風・遊行のかたち

 弱冠を少し過ぎたころ、最高位の職人さんたちとの出会いにより、技とデザインとの共生した美への挑戦が始まった。繊細な組みの美しさによる三方ジョイントのテーブルや棚の連作など、切れ味のよさをめざした日本のかたちシリーズの誕生だ。 
 その後、通産省の産業デザイン研究員として、北欧に三か月行くことになった。そこで出会ったタピオウィルカーラ氏。ご自宅で過ごしたゆっくりとした時…。氏の生活空間、作品群、ものづくりの考え方は私に衝撃を与えた。 それは、未だ出会ったことのない、人の心を動かす有機的フォルム制作へのいざないであり、造形家として歩み出す転機となった。
 氏からいただいたことば、
―FROM NATURE ―FROM SILENT―は、
 私の人生の宝物。
 器などの生活用具からあかりに始まり、ごろねの座、豊穣の卓、木のモニュメント、レリーフなどの作品群として実っていった。
 こどものための作品群は、おかざき世界こども美術博物館と朝日新聞名古屋本社・企画部との出会いによって実現することができた。木を用いて、遊びと学びを一体化した参加型の展示会として全国美術館・博物館を高評のうちに巡回した。
 「木とのふれあいワールド・パートⅠ・パートⅡ、造形の森展」は全作品の制作、監修をしてきた。
 平成二十年の「木のぬくもり展」(静岡アートギャラリー)は日本文化の型と形・あかりの造形・生きものたちの造形館・木とあそぶこどものアトリエの四部作で構成し、その後も各地を巡回して今日に至っている。

(文/杉山明博)
プロフィールはこちら LinkIcon
豊穣の卓(タモ 190×1850×1850㎜)


自在の小棚 右・イタヤカエデ、ウォールナット 633×400×340㎜ 左・ウォールナット 630×403×344㎜
技の極との出会いが生み出す形には力がある。
とり ケヤキ、ブビンガ他 800×900×250㎜


二十四節気七十二候はくらしを楽しく豊かにする。
花器・啓蟄の候 右・タモ、寄せ木、陶 390×250×178㎜ 左・カバザクラ、チーク、陶 328×210×123㎜
自然が生み出すかたちに従う。
弓型のあかり カバザクラ、シナ 上・575×540×250㎜ 下・560×485×220㎜


ナガクボケンジ展

Nagakubo Kenji

美術家
ナガクボケンジ

■開催日: 2012年10月1日(月)~24日(水)
■時  間: 10:00~18 : 00(最終日は17: 00)
■休館日: 木曜日
■入場料: 無料
作家来場予定日: 1日(月)、6日(土)、14日(日)、20日(土)

「病床の南天は未だ赤を」
個々の台座が
刻む音に
耳を傾けて…


 会場を埋め尽くす白い小さな台座が主役の作品展。そして、響き渡る小さな音。その音は、台座のひとつずつが規則正しく発している声でもあります。
 インスタレーションという空間全体を構成する手法で毎年、個展を開催している美術家のナガクボケンジ氏は、「つつましやかな職人のように台座を作りたい」と語ります。台座は桂の木を裁断し、底をくり抜いて、時計のムーブメントを設置。表面を丹念に滑らかに削る作業で完成します。「職人のように」という言葉はこの台座に向き合うことを意味しています。10センチ角の小さな形、それぞれを自身の手で同じように作り上げる姿勢を追求しています。そして、台座の中央には、小さな針が凛として立っています。「日常の断片から切り取ったモチーフ」を刺すと1分間回り始めます。1分で動きを止め、10数秒停止し、そしてまた動きはじめます。それぞれの台座が奏でる演奏会です。
 小学校3年生から高校までを沼津市、清水町で過ごし、高校時代に青木洋子さん主宰の沼津美術研究所で絵画の基礎を学びました。大学、大学院では美術教育学を研究していましたが、実際に美術を教えていくなかで美術家としての作品制作へ意識が向いていったそうです。以後、都内で小学校の美術教諭を務めながら、年1回の個展を開催しています。様々なモダンアートの作品に取り組み、現在の形は2005年から発表しています。今回は、1000個の台座が生み出す空間構成を試みます。

プロフィールはこちら LinkIcon
「庭のざくろのねもとあたりを」


「落花生」
無題


陶 芸 展

Shu Mochizuki

望月 集

■開催日: 2012年9月1日(土)~25日(火)
■時  間: 10:00~18 : 00(最終日は17: 00)
■休館日: 木曜日
■入場料: 無料
作家来場予定日:16日(日)、17日(祝)、 22日(祝)、23日(日)、25日(火)

紅葉図大角鉢

赤絵の中に存在する自然の彩


 2000年に伊豆高原に第2工房としてアトリエを構え、四季の自然を感じながら創作活動を始めた陶芸家・望月集氏。空の色、草木の色、自然の香りなどを肌で感じる生活は創作に大きな影響力を与えました。モチーフとなる植物などは、丹念なスケッチを基本としているため、生き生きとした表情が伝わります。また、伊豆の風景なども取り入れた作品を手掛けるなど、新たな境地も展開。近年は、赤絵に加えて多色での存在感のある彩色も発表し、現代感覚のスタイルを確立しています。
 望月氏は東京都中野区で育ちました。東京藝術大学に進学し、さまざまな芸術に触れる機会を得、造形の自由な発想や独自性などを学びました。陶芸の課題に取り組む中で、その多様な・・・たとえば形作り、絵付け、焼成、そして出来上がったものを実用する・・・と言った多様な要素に魅力を感じ、陶芸家として自分の人生に取り組んでいく事を決心します。
 作品は、自然から受けた感動を表現しています。いわゆる産地の特徴があるスタイルとは違い、土や釉薬原料の選び方は自分自身で研究し、作品のテーマに応じ、準備から作り方まで考え創作しています。また、形に合わせ図案文様の検討、絵の具の研究や独自の彩色という要素も重要で、窯から出した時のイメージを想定した総合的な力が求められます。熟練した技と豊富な経験が生み出す、器としての「用」、装飾としての「美」を兼ね備えた魅力的な作品が注目されています。

プロフィールはこちら LinkIcon
波図扁壺
松図茶盌
桜図長角皿

プロフィールはこちら LinkIcon
さんしん夏の特別企画展

さんしんカレンダーフォトコンテスト作品展
三島信用金庫のカレンダーは、過去十年間、近郊の美しい自然を対象とした写真で構成しておりました。その10年分の写真を一堂に展示します。季節感を楽しむ企画展です。展示した写真はプレゼントいたしますので、ご希望の方には最終日以降お渡しします。

子ども絵画コンクール作品展
昨年開催された静岡県・伊豆の国市等主催、三島信用金庫協賛の「江川坦庵絵画コンクール」。伊豆箱根鉄道の車内に掲載した作品を、今度はギャラリー善に展示します。また、7月10日から31日まで、長泉支店のストリートギャラリーでも作品を展示いたします。
協力:静岡県、佐野美術館、ギャラリーアートワークス


渡辺 憲二
彫 刻 展
-精神性と感性-

渡辺 憲二
Kenji Watanabe

■開催日: 2012年6月1日(金)~25日(月)
■時  間: 10:00~18 : 00(最終日は17: 00)
■休館日: 木曜日
■入場料: 無料
会期中13時以降作家在来
栄光のユリシーズ(ブロンズ)

伝統技法から生まれる多彩な感性

 人物の具象作品を発表している彫刻家・渡辺憲二氏の作品は、ブロンズ、大理石、木彫、テラコッタ、フレスコ用顔料などの多彩な素材を駆使し、イタリアと日本の伝統技法によって、宗教画のような雰囲気を帯びた精神性を醸し出しているのが特徴です。
 美大を卒業後、伊東市の彫刻家重岡建治氏へ師事した後、二十代後半にイタリアのトスカーナ地方に渡り、銅版画、ブロンズ古色仕上げ、テンペラ、フレスコ画など、現地の職人たちより伝統技法を学びながら創作活動を始めます。太陽の明るいイタリアから、やがて暗い雪の降るオーストリアのウィーンに転居し、そこからも独学で建築装飾、絵画を研究し、彫刻以外の芸術分野からも幅広く造形性を吸収します。観察(デッサン)を通しながら、ひとつの技法にとらわれない新たな作風と磨かれた感性。その姿勢はヨーロッパの作家たちから強く影響を受けたといえるかもしれません。近作では平面的な奥行きをもつブロンズ製デッサンレリーフがイタリアでも高く評価されています。
 現在は伊豆の国市に新工房を構え、「彫刻という完成されたジャンルのなかで、新たな、千番目の試みに挑戦することが創作の基本」と作家は語ります。伝統の中から常に新たな技法を探求しつつ、俗性と聖性、意味と造形、色とかたち、光と影、そうした異なる次元に重なる対極の世界を、観察(デッサン)と、物語(ファンタジー)から生まれた美しい人物像のまなざしを通して創り続けています。

プロフィールはこちら LinkIcon
ミミの肖像(大理石)
静寂の中で観察することが最も美しい時間
ローマの娘(デッサン)
ミッシェル(木彫彩色)





プロフィールはこちら LinkIcon


絵 画
阪口鶴代展
-心のともしび-

阪口 鶴代
Tsuruyo Sakaguchi

■開催日: 2012年5月1日(火)~25日(金)
■時  間: 10:00~18 : 00(最終日は17: 00)
■休館日: 木曜日 ただし、5月3日(祝)は開館
■入場料: 無料
作家来場予定日:初日・毎週日曜日・最終日

天上の路(ネパール)

自分の感性で楽しむ絵画

 独自の画材と技法で表情豊かな作品を制作している阪口鶴代さんは、2001年に東京から伊豆へ移住しました。光、空気、風などを肌で感じる自然の中に住むことで阪口さんの感性はより純粋に伝えたいものをとらえることができるようになりました。「絵が語りかけて、描きながらイメージが膨らんでいく」という状況で制作に打ち込み、個展を中心とした発表を続けています。
 高校卒業後にデザインを学び、次に東京芸術大学で油画を専攻、絵画の修復なども経験しました。さらに仏画の美しさに心を奪われ、日本画も学び、さまざまな絵画の技法についての知識を深めていきました。絵の仕事がしたいという思いがありながらも、何を表現したらよいのか悩んだときに、イタリア、ギリシャを巡りました。遺跡、フレスコ画、教会など、自然との調和を感じながらこれからの自分の方向性を模索する時間を過ごしました。帰国後、それまでに学んできたさまざまな技法を取り入れながらの制作が始まります。以来、シナベニアのパネルに和紙を貼り、白亜を浸みこませた下地の上に岩絵具などの顔料をペインティングナイフで重ねていく独自の手法で制作しています。また、近年は紙の上に直接、岩絵具で描く紙の作品も手がけています。
 作品に対しては「何を表現しているのか」と探るよりも見る人の心から湧き出てきた思いに気づく瞬間を求めて向き合いたいものです。ゆったりと描いた作品には、ゆったりとした気持ちで向き合うことが似合います。


プロフィールはこちら LinkIcon
白日 2011
心を入れる器のような絵を描きたい。









冬の音 2012
心のともしびのような絵を描きたい。
プロフィールはこちら LinkIcon


日本画展
来場予定日

-「卯月」穏やかな光のなかで-

大場 茂之
Shigeyuki Ooba

■開催日:2012年4月1日(日)~25日(水)
■時  間:10:00~18 : 00(最終日は17: 00)
■休館日:木曜日
■入場料:無料

天上の路(ネパール)

通り過ぎて、もう一度戻って観たくなる絵…、心に響く優しい光

 箱根芦ノ湖のほとりにある成川美術館で日本画の清々しい美しさに感動した大場茂之氏は、独学で日本画の道を歩み始めました。その時は足の大手術の後のリハビリ中で、すでに30歳を過ぎていましたが、かつて、デザインの仕事を断念した経緯があり、美術館に連れて行ってくれた親戚の人の言葉にも後押しされ、日本画の創作活動を始めることを決心しました。失敗を繰り返しながら技術本と身近な自然を頼りに描き、その後、「一枚の絵全国日曜画家コンクール」に出品、銅賞受賞を機に院展への出品を目標とします。
 2003年、院展に入選した「萌兆」(ほうちょう)は、雪に覆われている枯草の中に佇む蕗の薹を表現した作品です。無彩色の中の優しい黄色が春の息吹を感じさせます。以後、このシリーズを続けて、原風景となる故郷への思いを発表しています。また、高地ネパールで見た石の街の風景も巧みな表現力で展開しています。瞬間的な感動よりも「心に残る絵でありたい」という願いを込めた作風が見る者の心を和ませます。

「子供の頃、近くの川できれいな石を見つけると集めてきてしまいこんでいました。その石が岩絵の具の材料ですから、石を集めるのが好きだったことは今に通じていることかもしれません」と話す大場氏。様々な岩絵の具を重ねて表情豊かな作風に取り組んでいます。

散 2007年 M50号


宙 2009年 22.7×15.8cm
椿 2009年 4号


プロフィールはこちら LinkIcon

彫 刻 展
来場予定日

-三島へのオマージュ-

坂本 雅子
Masako Sakamoto

■開催日:2012年3月2日(金)~25日(日)
■時  間:10:00~18 : 00(最終日は17: 00)
■休館日:木曜日
■入場料:無料

待ち合わせ 坂本雅子
時代性を感じさせる新感覚の作風

 今回の作品展のテーマを「三島へのオマージュ」としている坂本雅子氏は、四歳の時に撮影した家族写真を自身の作品として発表します。両親、姉、弟の五人家族をテラコッタ・合板・彩色で表現。幼い頃に住んでいた三島の自宅から見えた富士山を背景にした家族の肖像が会場で甦ります。
 坂本氏は高校時代にデッサンの基礎を学び、大学入学後に彫刻を専攻し、卒業制作で県展芸術祭賞を受賞しました。それを機に東海大学短期大学部に助手として奉職し、現在は教授として学生を指導しながら自身も国画会会員として創作活動を続けています。その間に、イタリア留学を果たし、芸術家としての道を確立しています。
 長年、等身大の作品制作を石膏、テラコッタ、ブロンズなどで発表していましたが、近年、テラコッタと合板との組み合わせに彩色を施す手法を取り入れ新しい彫刻の世界を踏み出しました。焼き物工房のご主人が他界し、等身大のテラコッタができなくなったことが直接の理由でしたが、部分的なテラコッタであれば、自身でも扱えるため、素材を組み合わせるなどして、自由な発想のもとに時代感覚を取り入れた明るい作品が生み出されています。
 また、母子像に対しての思いも強く、女性ならではの視点で表情豊かに仕上げています。現在までに四か所(北海道岩見沢市と静岡県内三か所)に想いを込めたブロンズ像を設置。子供の表情や小物の表現などは、女性ならではのきめ細かな観察で表現されています。

母と子 坂本雅子






おしゃべり 坂本雅子
家族の肖像 坂本雅子












プロフィールはこちら LinkIcon

木 工 展

-家具の造形-

藤井 慎介

Shinsuke Fujii

■開催日:2012年2月1日(水)~25日(土)
■時  間:10:00~18 : 00(最終日は17: 00)
■休館日:木曜日
■入場料:無料


「家具」としての用途のある創作を

 伝統工芸作家として注目されている藤井慎介氏は、装飾性を排した独創的な椅子や時代性を反映したシンプルな家具などを発表しています。
 「創造性のあるデザインであっても、今の時代に即していて、用途のある作品であること」を基本姿勢として、デザイン、製図、木地の選択、造形、拭漆までの工程を一人で愛情を注ぎ込んで取り組んでいます。また、飾っておいても生活の中に溶け込んでいる存在感のある作品、アートとよばれる存在とは一線を画した作品を常に意識して創っています。
 大学卒業後、建築家として住宅などの設計に関わっているときに、自分でものを作りたいという気持ちに押されて退社、木工の技術を学ぶための専門学校に入学。その後、自宅で創作活動を始めました。木の特性を読み取りながら、作品の大きさ、細さを見極めていく経験、杢目の美しさを引き立たせる拭漆の取り合わせなど、独自の感性を生かした作品の背景には緻密な計算がなされています。素材に応じた拭漆の手法は作品を一貫して手掛ける藤井氏ならではのこだわりでもあります。
 「自分に負荷を掛ける場として作品展の出品を大切にしている」という藤井氏は、2010年日本伝統工芸展にて「日本伝統工芸会新人賞」を受賞しました。オブジェとしての美しさを追求するのではなく、機能的で美しい造形的なアプローチが注目されています。



「素材の美しさをそのままに、
感性豊かな表現力 」







藤井慎介木工展
藤井慎介木工展
藤井慎介木工展
藤井慎介木工展
藤井慎介木工展
藤井慎介木工展







プロフィールはこちら LinkIcon

髙梨 芳実 展

-150枚の肖像画アトリエに眠る習作-

画 家 髙梨 芳実

Yoshimi Takanashi

■開催日:2012年1月6日(金)~25日(水)
■時  間:10:00~18 : 00(最終日は17: 00)
■休館日:木曜日
■入場料:無料


透明感のある独創的な美の世界

 洋画家・髙梨芳実氏の作品は、絵画を通して自然の光や影、空気までも感じさせ、伝統的な絵画の世界に浸る心地よさが漂います。確かな技術によって対象となる人物や静物を独自の視点で描いている重厚な作風でもあります。独創的、個性的という言葉が表現する芸術の世界において、この存在感のある表現が髙梨氏の個性として多くのファンの心をつかんでいます。
 幼い時、「一人でいることが好きだった」髙梨少年は絵を描くことに出会い、それを喜びとし、ごく自然に絵画で存在感をアピールするようになり、高校時代には美術にかかわる将来を描き始めました。漠然としていた将来像は、東京で学んでいる間に、師と仰ぐ作家との出会いを通して、プロの画家になろうという方向に変わりました。その後、白日会や日展への出品を重ね活躍し、各地で個展も開催しています。 1 99 5年に知人の紹介で伊豆にアトリエを構え、制作拠点を静岡県に移しました。その時に、近隣の方々との触れ合いをきっかけとして始めた肖像画製作。「誰が見てもそっくりではあるけれど、生々しくはない」という状態が美の術であり、デッサンの目指す域と語っています。  現在まで百五十名の方々の肖像画を描き、作品展も企画しています。今回の個展は、豊かな技術力の上で成り立っている肖像画を一堂に発表する貴重な作品展としても注目の機会です。

狩野川夕景 油彩 20×34cm
アトリエ 油彩 97×162.1cm
プロフィールはこちら LinkIcon
肖像 油彩 各30×35cm
肖像 油彩 各30×35cm
肖像 油彩 各30×35cm
肖像 油彩 各30×35cm
肖像 油彩 各30×35cm
肖像 油彩 各30×35cm
肖像 油彩 各30×35cm
肖 像
油彩 各30×35cm

プロフィールはこちら LinkIcon